可愛いぺったんこのバレエシューズ

カワイイぺったんこのバレエシューズを教えてくださいっ!!!

かわいいいバレエシューズは色々ありますが、レペットが定番ですね。

レペットのバレエシューズはデザインや色の種類が豊富にあります。
キラキラのグリッターやピカピカ発色のエナメル物など、見た目のかわいさは安っぽくありません。

ハイヒールや高いヒールのサンダルで、足の負担にお悩みの方は、かわいいローヒールも魅力ですよ。

レペットは元々はバレエシューズ。つまり、バレエに最適なシューズからスタートしたのです。
ですから、踊ったり、歩いたり、カジュアルな動きをするのに無理の無いシューズです。

そんなペッタンコシューズを集めてみました。

ペッタンコ レペットのおしゃれ靴



タグ:ペッタンコ

レペットをすすめる3つの理由。

やっぱりレペットはいいですね。

レペットがいいという3つの理由があります。

その1 歩く姿が美しい
 レペットは元はバレエシューズカラですので、基本的にカカトの低い
ローヒールなんですね。ローヒールで歩く女性の姿はとても美しいんです。
ハイヒールですと、どこかオラウータン歩きしている人を見かけるんですが、
ローヒールシューズは膝がスーッと伸びて人間らしい歩き方になりますね。

その2 立ち姿も美しい

 レペットは足にしっくりと馴染みやすいので、立ち姿も決まるんですね。
やはり、つま先立ちをするバレエシューズが基本にあるので、つま先がきつく
ないんですね。自然と背筋がまっすぐになって、立ち姿が綺麗になるのです。

その3 レペットは知性を醸し出す
 あなたがレペットを履いていると、レペットの靴に目が行くんですね。
「まあ、すてきだな」ってなりますよね。その第一印象が残ったまま、
あなたを見ると、そのまま知的に見えちゃんですね。これ不思議ですね。

そして、あなたもレペットのオーラを受けて、知らず話し方や姿勢、歩き方
振る舞いに知性を醸し出すようになるんでね。

意識しないで、知らず知らずのうちに知性を醸しだして、知的に見えるんでよ。

レペットを履くと決めただけで、服装、振る舞い、話し方が変わってくる。
しかも、あなたは変わっていない。あなたの知性が醸し出されるだけ。

こんないい靴そうそうないですよ。

あなたの知性を醸し出すレペットを厳選して紹介しますね。


知的オシャレのレペット_オススメ情報



 

レペット バレエシューズ風パンプス

レペットrepettoバレエシューズ・バレエシューズ風パンプスは履きやすく、本当に私の足に合っています。

バレエシューズといってもトウシューズでなく、つま先が丸まってなくてヒールのない、素足感覚の靴がレペットのバレエシューズです。

ストラップなしのパンプスやバレエシューズを履くときは、普通のパンプスだと、足に合わないせいかすぐに脱げてしまいます。

ですが、レペットのバレエシューズやパンプスは柔らかいのでジャストフィットで脱げません。

紐がついているとそれで調節できます。普段履きはbbやmorryやjazzがおすすめ。足の形や履き心地にあわせて中敷で調整することができます。

レペットrepettoのパンプスpampsは普段履きやパーティや正装にも合いますが、このパンプスというのは、靴の基本形のバリエーションのひとつです。

実際何万とある靴のデザインがすべて,実際にはわずか数種類の基本型のバリエーションであることを信じられますか。

実は靴は七つの基本型,つまりオックスフォード,ブーツ,パンプス,クロッグ,ミュール,サンダル,モカシンしかないのです。

そして今ある幾万もの型のバリエーションは,これら数種類の基本型をありとあらゆる好みや生活様式に合わせて発展させたものだそうです。


パンプスpumpsは,つま先が無地で,またローカットで底は薄く,かかとの低いスマートな靴です。

パンプスが使われるようになったのはエリザベス朝時代と考えられており,最初は馬丁がはいていたという説があります。馬丁は馬車のペダルを自分の足で踏み込む(英語ではpump)ことが必要でした。

それが徐々に発展して婦人靴になり,威厳のある正装着用の公式行事の際に一般の人々がはくようになりました。

そのため権威者の中には,この名前が「華麗,威厳,厳粛,壮麗,誇示」という意味のフランス語ポンペから派生したとする人もいます。

CENDRILLONサンドリヨン

CENDRILLONサンドリヨンはrepettoのバレエシューズの中でも定番中の定番です。

バレエのトウシューズと全く同じ製法で作られています。サンドヨンとはフランス語で「シンデレラ」という意味です。

甲部分ほぼ中央にはリボン紐が付いています。さりげないリボン飾りが初々しい上品さを醸し出しています。

リボン紐は履き口端周りに通っているで、履き口を少しだけサイズ調節する事ができます。

素材はシェ-ブル(山羊革)で、艶があり上品で滑らかな感じの素材感です。

CENDRILLONは創業当初よりつくられ続けている定番のデザインです。

軽くて履き心地も良く、履くにつれて足に馴染み、寵愛してしまうキュートなバレエシュ-ズです。


カミーユ(camille)はBBと同じベーシックな形です。

BB(べべ)モデルよりヒールが高く(BBは1cmヒール、カミーユは3.5cm)甲のカットが浅くすっきりタイプです。

レペットのziziはrepetto定番のレースアップシューズで、数々のセレブが愛用しています。

シンプルで合わせやすい、履き心地抜群ということで愛用者が多くいます。



レペット・モリー MOLLYはヒールがの3.5cmとペタンコ靴で知られるレペットでは高さのあるモデルです。

普段履きでも、パーティーや宴会や人が集まりあう場所で引き立つシューズです。

ボリショイ BOLCHOI 上手に買い物するために

レペットのボリショイ BOLCHOIはつま先部分は平らなボックス形のフォルムです。

バレエのトゥーシューズのようなデザインで、つま先立ちして踊りたくなるようなシューズです。

素材はカーフやラム、アンティークメタル があります。

カラーはピンクゴールド、黒、ホワイト、ワイン、ローズ、ラベンダーなどがあります。


上手な靴の買い物のために

女性の靴のフィットとファッションが足に悪いとすれば,女性の足の痛みはどうしたら防げるでしょうか。
その答えはまず靴屋から始まります。一部の専門家は次のことを勧めています。

● 靴は足が少し大きくなる,一日の終わりごろに買う。

● 片方だけでなく,左右の靴を履いてみる。

● かかとがよく合い,爪先スペースに十分の長さ,幅,高さがあることを確かめる。

● 足に合わない靴でも,店の柔らかいじゅうたんのせいで一時的にぴったりした感じのすることがあるので,その点も考慮する。

● エナメル革や合成皮革の靴は避ける。そうした材質は柔らかい革やスエード革とは異なり,歩く時に足になじまない。

● ハイヒールを買う場合は,クッションをよくするため,敷き革を入れてみる。ハイヒールを履く時間を少なくし,一日のうち何度か,かかとの低い靴に履き替える。

レペット BBは雨には合わない

repetto BBはレペットの独自のベーシックモデルのシューズです。
サンドリヨン(CENDRILLON)よりも、甲の部分が浅くできています。

bb(べべ)という名称ははフランスを代表する大女優ブリジット・バルドーの愛称にちなんで付けらました。

この靴はブリジット・バルドーが「足の指が見える深いカットのシューズを履きたい」という要望によって作られたバレエシューズです。

バルドーは当初「cendrillon」を履いていました。

その当時のcendrillonは足の指の割れ目が見えるくらいのカットデザインになっていました。

バルドーは愛用のCendrillonをカット部分をヴィンテージcendrillonと同じ足指の割れ目の見えるところまで広げました。

しかし、デザインは当時のcendrillonをそのまま生かしたままにしました。

バルドーは、このタイプの靴を全色コレクションしていたそうです。

レペットbbを雨に日に履かないでください。

レペットの柔らかな質感と足を包み込むようなフィット感を持つ一枚革のソールが台無しになる恐れがあります。

靴底に横糸を縫いこんでいるので水が入りやすいのです。水分を含むと革が傷み、レペットにはつらくなります。

≫≫≫ repetto bb

天気の日にやさしく履いて、雨の日には履かない、そしてこまめにお手入れ。

これがレペットの一番のお手入れでしょう。
タグ:レペットbb

レペットjazz ジャズはその場の履き心地で買おう

レペットのjazz ジャズのシューズは柔らかくて軽いのが特徴の靴です。

ホワイトが人気があるようですが、ブラックの方が気に入っています。

サイズはヨーロッパサイズで35や37とか38や39そして40もあります。

レペットジャズの履き心地はとても軽くて柔らかく足に吸い付くような新しい感じです。

また長時間歩くことがあっても足が痛くならないので、今まで履いていたシューズとの違いに軽くびっくりします。

レペットを買うときに注意しなければならないのは、靴は買った時に履き心地がよくなければならないということです。

一般に,履いているうちに慣れてくると言われますが,実際はそういうことはありません。

「きつい靴でも履いているうちに履き心地がよくなるという売り手の言葉は都市伝説です。
駄目になるのは,あなたの足だけだですから」
と足の専門家は警告しています。
  
     ≫≫≫ repetto jazz

レペットjazz ジャズは若干細めなので、幅広に人はワンサイズアップがお勧めです。

2足目以降のリピート買いをしたくなるシューズとしても人気のシューズです。

レペットRepettoとは

レペットは上品でかわいいデザインのシューズがたくさんあります。

素材がしっかりしていて、街に出歩く時に様々な場面で活躍してくれそうです。

レペットはクラシックバレエシューズやレオタードのメーカーです。

レペットは1947年にパリで設立され、創設者はローズ・レペットです。

振付師としてバレエ界で有名なローラン・プティ。

踊るためのバレエシューズだけではなく、バレエシューズをアレンジしてタウンシューズもたくさん作っています。

レペットのデザインについてはかわいいとか、洗練されているとか評価は高いですね。

履き心地がよくて、お気に入りのマイシューズとして愛用者やリピーターなる人が多くいます。

レペットのバレエシューズをネットで探したい場合は、ネット通販やヤフーのオークションなどで取扱っています。

メンズのバレエシューズからは大きめのサイズの靴まで揃っています。

jazz(ジャズ)バレーシューズは新作で人気のバレエシューズです。

bbゴールド、baby doll、ベリンダ、べべ、bbエナメルなどが人気のレペットシューズです。

また、repetto限定品も人気です。